前へ
次へ

経営論なども大人のための教育法の一つ

大人になってからは、教育を受けるより仕事(業務)が優先ですが、目先の給料だけにとらわれず「自分のキャリア」をどのように積むのか、ここを考えて行動すれば、新しい扉が開く可能性があります。会社を利用するのも一方です。もちろん、会社の規模に関わらず、きちんと実績を積んでからフリーランスや自営という道も進めることは可能です。学校などでも支援してくれますし、独立も視野に教育してくれます。メリットは、自分の頑張り(能力)に応じて収入が増えることです。また、自分でスケジュールを管理しやすいことです。業務委託の仕事をうけない独立志向の会社もあるでしょう。教育係りは、自分たちの得意なスタイルや考え方を全面に打ち出すことを指導します。というのは、エンドユーザーはその点を見極めて、直接依頼、相談をしてくるからです。経営学という教育もあります。会社の利益に応じて適正な報酬をもらうのですが、ポリシーを持って、自分のスタイルで仕事ができる「やりがい」があるのか、教育論では必ずと言っていいほど討論されています。

Page Top